• 保育士の転職の魅力について

    • 保育士の転職の魅力として三つのことが挙げられます。



      まず一つ目は求人募集が多いので様々なところに転職できることです。



      従来、保育士の勤務先は保育所と児童養護施設をはじめとした入所型の児童福祉施設でした。



      しかし障害児の放課後を支える事業として児童デイサービス事業が新たに設けられたことや保育士の需要が高まりを受けて保育学部を設ける大学や専門学校が急増したことにより教員としての採用枠も増えるなど活躍の場が広がっていますので、自分にあった職場を見つけ転職できます。



      二つ目は自分のライフスタイルにあった転職先を見つけられることです。



      近年、保育所では保育時間が長くなり、また児童養護施設は小規模化かつ地域への分散化に伴い、保育士が多数必要となりました。その結果、正規職員の労働時間を超える部分をパートやアルバイト職員でまかなうという現象が見られ、早朝の数時間のみ、または夜間の入所児童が寝静まった時間帯のみの求人募集も見られるようになりました。そのため日中は子育ての為、働くことができないが夜間であれば配偶者が仕事から帰宅しており、自分の子どもを見てもらえるのでその時間帯のみ働きたいという人も働けます。

      三つ目は転職前の経験年数が積極的に評価される点です。


      保育の仕事は経験によるところが多いですので、今までの保育士としての経験を採用時に積極的に評価してくれます。



      また、施設の収入源である措置費の単価は職員の前職も含む勤務年数によって上下しますので、今までの経験を生かした給与設定がなされます。

  • 関連リンク

    • 保育士の就職は忍耐力も必要

      保育の短期大学や専門学校を卒業すると、保育士として就職するという人がとても多いのですが、保育士の就職には忍耐力がとても必要なのです。保育の現場では、子供の身の回りの世話や遊び相手をするということも仕事内容なのですが、子供は自分の欲求に正直に生きていますので、大人の思い通りにはならないのです。...

    • 保育士に就職するにはどうすればいいのか

      保育士に就職したいというときに、まずなにをすればいいのかというと資格を取らなければなりません。この職業は保育士資格という国家資格が必要になるのです。...