• 保育士の就職は忍耐力も必要

    • 保育の短期大学や専門学校を卒業すると、保育士として就職するという人がとても多いのですが、保育士の就職には忍耐力がとても必要なのです。


      保育の現場では、子供の身の回りの世話や遊び相手をするということも仕事内容なのですが、子供は自分の欲求に正直に生きていますので、大人の思い通りにはならないのです。



      こちらの言うことなんて聞いている方が珍しいというスタンスで接していないと、自分がイライラしてしまったり、強い口調になってしまうということもあり、子供との信頼関係を壊してしまうということにもなってしまうのです。



      保育士として就職することが夢という人もとても多いのですが、子供と接するということは、同じ事を何度も根気強く言い聞かせるという忍耐力がとても重要なのです。



      もちろん体力も必要になるのですが、それ以上に自分のメンタル面を強くしていかないと、仕事を続けることが難しくなってしまうのです。



      子供を産んで育てているという人は、子供の特性などをよく理解していますが、新卒で教育実習などで少ししか子供と触れ合ったことがないという人は、自分のメンタル面の強化をしておくことをおすすめします。



      しかも子供の相手の他に保護者との会話も仕事内容に入ってきますので、その日の出来事などを物おじせずに保護者に伝えることが出来るかどうかということもとても重要なことなのです。


      保護者の前でおどおどしてしまうと、子供を預けている保護者に不安感を与えてしまうことにもなりますので、どっしりと構えておくことも必要なのです。



  • 関連リンク

    • 保育士の就職は忍耐力も必要

      保育の短期大学や専門学校を卒業すると、保育士として就職するという人がとても多いのですが、保育士の就職には忍耐力がとても必要なのです。保育の現場では、子供の身の回りの世話や遊び相手をするということも仕事内容なのですが、子供は自分の欲求に正直に生きていますので、大人の思い通りにはならないのです。...

    • 保育士に就職するにはどうすればいいのか

      保育士に就職したいというときに、まずなにをすればいいのかというと資格を取らなければなりません。この職業は保育士資格という国家資格が必要になるのです。...